Posted by:admin Posted on:2017年4月27日

自分の将来像は何か?

自分の将来像をしっかりと描いてみて、その時にどんな仕事をしていたいか考えます。専門学校に入った時に、将来自分がやりたいことではないと後悔しても遅いのです。ファッションの専門学校とは言っても、全ての学校が全く同じ授業をする訳ではなくそれぞれ特色というものがあります。大人っぽい服もポップな服も手掛けることができれば一番良いのですが、全ての能力をプロレベルにするのは容易なことではありません。自身の得手不得手、最も理想とすることを自覚してブレない学校選びをしたいです。

学校の雰囲気を確かめる

学校の雰囲気はとても大切で、インターネットでの情報だけでなく自分の目で様子を確かめます。和気あいあいとした楽しい雰囲気だったり、ピリピリとした雰囲気など学校によって多少異なるので自分に合いそうな学校を選びます。趣味感覚で適当に服の勉強をしているのと、友人をライバル視して勉強するのとでは成長スピードも変わってきます。人間というのはどうしても環境に左右されがちなので、雰囲気が将来を決めると言っても過言ではありません。また、幅広く活躍する人も何人も輩出している学校とそうでない学校があるので、過去の実績にも触れておきたいです。

見学時の先輩の作品に注目

学校見学をした時は十中八九先輩の作品を見ることができますが、そのクオリティが高ければ高いほど、魅力的な学校だと判断しても間違いではありません。もしくは、理想像と合致するような作品であればより期待できると言えます。

ファッションの専門学校の通い方は、人それぞれの関心のあるジャンルによって、自由に選ぶことができる点が魅力です。