Posted by:admin Posted on:2017年4月27日

どんな資格を取得できるのか

インテリアに関連する資格はたくさんあります。インテリアコーディネーターはもちろんとっておくべきですが、すでに取得している人がたくさんいます。そのため、その他関連資格にも目を向けてみましょう。例えば、国家資格である建築士などがあると就職の際より有利です。また、実際に仕事をする上で、インテリアだけでなく建築の知識が嫌でも絡んできます。しかし、就職をしてから建築士の資格を受験するには、実務経験が必要になります。建築士の資格を取れる学校は限られているので、慎重に選ぶとよいでしょう。実際、将来お客様を対応する際にもより安心感を与えることが出来ます。

パソコンの研修は充実しているか

いまやパソコンでパースや図面を作ることは当たり前になっています。大企業を目指しているのであれば就職してから、起業独自のソフトを使うことも多いでしょう。しかし、もしあなたが個人のインテリア事務所や設計事務所で活躍したいと考えているのであれば、インテリアCADの操作は必須です。どちらにしろ、ある程度のパソコン作業は実務て必要になるため、パソコンが苦手であればある程度パソコンの授業が充実した学校を選ぶと良いでしょう。

最後に1番重要なことは

あなたがインテリアの専門学校に入る理由はなんでしょうか。インテリアの仕事といっても、会社によって仕事のやり方は様々です。大切なことは、将来像を明確にし、入りたい会社があればそこがどのような能力を求めているのかを知り、そこに向かって努力をすることです。出来れば、自分が目指している仕事をしている人に話を聞いて、アドバイスをもらうとよいでしょう。後悔のない学校選びをしてください。

インテリアの専門学校の学習方法にこだわりたいときには、熟練の講師が在籍している学校の見学会や説明会に参加をすることが有効です。