Posted by:admin Posted on:2017年4月27日

施設内で研修を受けられる

高齢化がどんどん進むにつれ、介護施設はどんどん増えるでしょう。それに応じて介護をする職員も必要になります。介護施設で仕事をするとき、一応資格があります。でも国家資格などではなく、必ずしもそれを持っていないと仕事ができないわけではありません。全く資格を持たない人でも、介護施設で仕事ができます。しかし、何も知らない人がいきなり介護の仕事をするのは難しいです。そこで、各施設では、スタッフの研修制度を設けています。最初に入職した人に対して行うものや、一定期間働いた人に対してスキルアップを図る目的で行うものもあります。職員の介護技能が高まれば、それだけ施設を利用する人の利便性も高まります。入職するなら、研修制度が充実しているところが良いでしょう。

外部研修や資格取得の研修

介護の仕事をするとき、一定の資格を持っているとより幅広い仕事が行えます。かつてヘルパー2級といわれていた資格があり、現在は介護職員初任者研修と呼ばれるようになりました。この仕事をするなら持っておきたい資格といえます。実際は、この資格がなくても施設で仕事はできます。施設に入職すれば、それぞれの施設で適切な研修をしてもらえます。施設内だけでなく、外部での研修を用意してくれる施設があります。また、介護職員初任者研修を取得すべく研修を用意してくれる施設もあります。この資格を取るには一定の研修が必要になります。仕事をしながら取得できれば、職員も負担になりません。さらに上級の資格を目指す意欲も出やすくなります。

介護職員初任者研修のカリキュラムは、介護現場で役立つ知識を効果的に習得できるため、今では幅広い世代の求職者から人気があります。