Posted by:admin Posted on:2017年4月27日

手数料の設定は会社によって異なる

株式の取引ができる金融機関は証券会社しかありません。金融の自由化で、投資信託や保険などはいろいろな金融機関で取り扱われるようになりました。でも株式は銀行や保険会社では取引が行えません。もし取引を行いたいなら、まずは口座を作る必要があります。ではどの会社で作るのが良いかですが、安易に決めるのはよくありません。株式の取引をするとき、ほぼ手数料がかかります。この手数料ができるだけ安くなる会社を選ぶべきです。それぞれの会社で手数料の設定が異なるので、どの会社が良いかは一概に言えません。少ない金額で売買をするならある会社が良く、大きな金額で取引をするときには別の会社がいいなどがあります。デイトレード向けの会社もあります。

窓口よりもサイト情報が充実しているところ

株式を取引する会社として証券会社があります。大きく2つのタイプがあり、一つは支店や窓口がある会社です。証券マンといわれる担当者がいて、対面や電話などで相談をしながら売買ができます。その他にはネット証券です。インターネット上にしか支店がなく、基本的に投資の相談ができる担当者はいません。操作方法などを電話で対応してくれるサービスはあります。証券会社の選び方として、かつては腕のいい証券マンがいるところといわれていましたが、今はいかにサイト環境が良いかになるでしょう。サイト環境は、ネット証券だけでなく一般の証券会社もどんどん充実させています。ただ、ネット証券の方が情報が見やすく、取引もしやすくなっています。

株の信用取引のポイントを知るうえで、複数の実績のあるファンドの実績に着目をすることが成功のポイントです。