Posted by:admin Posted on:2017年3月27日

自己破産するとすべを失うの?

自己破産には同時廃止と管財人事件の2つの手続きがあります。同時廃止は換価の価値を持つ財産を所有していない場合、裁判所に破産申し立てを行うと、すぐに免責が下され破産の手続きが進められるものです。これに対し、不動産などのような高額な財産を所有している場合、裁判所中から破産管財人が選任され、所有している財産の調査から差し押さえ、管理、そして債権者に対して均等な配分を行うなどの流れになります。

自己破産をするとすべての財産を処分しなければならない、すべてを取られてしまうイメージを持つ人も多いのですが、自己破産には破産法と呼ばれている法律があり、破産法の中には自由財産と呼ばれている99万円以下の現金などは、生活をする上で必要なもの、手元に置いておく事が出来るようになっています。

自己破産は誰もが出来るものではありません

自己破産は裁判所が免責許可を下した場合に限り、すべての債務がゼロになる債務整理です。

消費者金融など数社からの借入をして、多重債務に陥ってしまう、返済が困難になった時に債務整理を行えば借金が減額になり、残りの借金を返済して行く任意整理や個人再生などの方法があります。

しかし、借金をした理由がギャンブルや高額商品を購入するためなど浪費によるものの場合、破産申し立てを行っても、裁判所は許可を下す事はなく、免責不許可事由になります。

自己破産の場合は、借金をした理由や返済能力があるなどの条件に応じて手続きが出来ないケースもあるのが特徴です。

特に、ギャンブルが原因、浪費が原因などの場合は個人再生と呼ばれている債務整理を行い、借金問題を解決する事になります。

自己破産は後ろめたいことのように思われますが、日本国民全員に与えられた正当な権利です。絶対に支払えない多額の債務から完全に解放されることで、人生をやり直す意欲を得られます。